本文へスキップ

主なニュース(2017年10月23日)


岐阜のタクシー準特定地域協議会長が辞任(本紙10月23日号6面に掲載)
       

  • くらしの足フォーラム2017記念鼎談
    ○○○○○○○○イメージ  「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017」開催にあたり、本紙は記念鼎談を行った。ゲストにくらしの足に造詣が深い国土交通省の藤田耕三官房長を迎え、フォーラム初代実行委員長の鎌田実東大教授と現実行委員長の岡村敏之東洋大教授がくらしの足の今後をテーマに語り合った。
     フォーラムは10月28、29の両日、東京・文京区の東洋大学白山キャンパスで開かれた。地域公共交通関係者が年に一度全員集合して意見交換しており、今年で6年目。高齢社会の進展から「くらしの足」の重要性がより増している。国交省、日バス協、全タク連など17団体組織が後援。本紙はメディアパートナーとして初回から後援・協力している。▼鼎談を詳報した号外を発行しました。右の画像をクリックしてください。
  • 70歳以上はバス半額 別府市が試験事業開始
  • 兵庫県が淡路島でウーバーシステム導入検討
  • 個人タクシー羽田定額ゾーン変更 行政が乗客対応指導へ

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186