本文へスキップ

主なニュース(2017年11月27日)


全国の地方議員が「交通議連」立ち上げ(本紙11月27日号1面に掲載)
       

  • 米教授「ウーバーは規制逃れの天才」
     自家用車ライドシェア問題を扱う「交通の安全と労働を考える市民会議」は20日、東京の衆院第二議員会館で、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アンダーソン経営大学院のサンフォード・M・ジャコビー教授を招き、シェアリングエコノミー(共有型経済)と労働の関係をテーマとした講演会を開催した。ジャコビー氏はUber(ウーバー)について「テクノロジー会社と称して、タクシー会社が守っている規制は必要ないと主張している。ドライバーを個人事業主とすることで、社会保険料や最低賃金など労働法の多くの規則も守らずにいる。規制逃れの天才だ」とした。
  • 京福バスがタクシーと連携し路線網構築
  • バリアフリー会議で障害者からタクシー、バス称賛の声
  • 個人タクシー マスター三つ星は1万8378人

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186