本文へスキップ

会社方針CONCEPT

ごあいさつ 東京交通新聞社代表取締役社長 仁平 英紀

 東京交通新聞社は、タクシー・ハイヤー、バスなど交通分野の全国専門紙「東京交通新聞」(週刊・月曜発行、ブランケットサイズ、通常8〜16ページ)を発行しています。創刊は1960年(昭和35年)9月で、昨年、60周年を迎えました。タクシーなどのほか、自治体、NPOなど自家用有償旅客運送、大学・研究機関、政界・議員連盟、労働組合、観光、ICT、ライドシェア、自動車・装置メーカー、燃料などの動向を取り上げています。国土交通省関係を中心に、国の制度・政策をタイムリーに報道、解説しています。紙面建ては、総合面(総合、経営・労務、社会・文化)、個人タクシー面、首都圏版、近畿圏版、中部圏版、北陸信越版、東日本版、西日本版、くらしの足面、関連産業面で構成されています。「新聞オンライン.COM」など、紙面と同内容の電子版の発行を2009年に始めました。
 新聞以外では、タクシー業界の総合資料集「ハイヤー・タクシー年鑑」などの出版物や、運行管理者・従事者向けの手帳を定期刊行・製作しています。
 新型コロナウイルスの登場で、人々の生活や経済活動が計り知れない影響を被る中、デジタル化・リモート化、人口減少・担い手不足、自動運転、MaaS(マース=モビリティ・アズ・ア・サービス、移動サービスの連携・統合)など、交通分野をめぐる事業環境の変化は一段と激しさを増しています。弊紙は専門紙として的確な情報をお届けし、関係の産官学界と社会経済の発展に役立つ報道に引き続き努めてまいります。未来を展望できる紙面作りに励んでまいります。
 コロナの一日も早い終息と皆様のご健勝、ご多幸を心よりお祈りいたします。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 (2021年8月)




編集綱領

1) 迎合主義の排除
2) 批判精神の高揚
3) 社会的視点に立脚
4) 公平、的確な報道
5) 親切、有益、便利な新聞づくり




会社沿革

1960年(昭和35年)9月27日
「東京交通新聞」創刊、タクシー、バスなど交通分野の全国専門紙を発行し、現在に至る。東京を拠点に、関東(本社内)、関西(大阪)、中部(名古屋)、西日本(福岡)などへ支局網を拡大する
1975年
公益社団法人日本専門新聞協会(当時社団法人)に加盟
1986年3月
現本社(東京都新宿区新宿2の13の10、武蔵野ビル)に移転
1994年6月
電子編集制作システムの運用を開始
2009年
電子版(新聞と同内容のウェブ版「新聞オンライン.COM」)の発行開始
2015年
メールマガジン(記事のインデックスや速報ニュースなど)の配信スタート
2019年7月
創業者・二村博三死去、90歳



バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186