本文へスキップ

主なニュース(2018年1月1日)


新春座談会「移動革命 どう生きる公共交通」(本紙1月1日号2〜4面に掲載)
       

  • 渡辺・自民タクシー議連会長「中国式白タクは元から断つ」
     自民党タクシー・ハイヤー議員連盟の渡辺博道会長は昨年12月18日、本紙のインタビューに応じ、当面する自家用車ライドシェアの合法化問題に言及、「安全輸送という一番大事なポイントを外してはならない」と述べ、監視を強める姿勢を強調した。「中国式白タク」の動向には「日本経済に悪影響だ。元を断つ」と決意を込めた。タクシー業界・事業者に向け、「地域との接点をもっと持ち、公共交通の役割を発揮してほしい。各地で外国人観光客をしっかり受け入れてほしい」と期待感を示した。
  • 女性バス運転者を組織化 採用拡大目指す
  • 石井国交相「働き方改革で人材確保」
  • 都内個人タクシー 94%が「なって良かった」

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186