本文へスキップ

主なニュース(2018年5月28日)


路線バスのスト「変革への一歩に」(本紙5月28日号4面に掲載)
       

  • 岡山市が初の公共交通協議会開催
     バス大手の両備グループ(岡山市、小嶋光信代表)の路線廃止問題を受け、バス事業者や国・自治体、利用者などが一堂に会す「岡山市公共交通網形成協議会」が21日、同市役所で初めて開かれた。マスタープランとなる網形成計画を向こう1年かけて練り上げ、策定する方針を確認した。新規路線参入をめぐって対立する両備の小嶋代表と八晃運輸(岡山市、循環バス「めぐりん」)の成石敏昭社長がそれぞれ、「『交通連合』を組織し、国は法整備を」「利用者の利益のために経営判断する」と持論を展開した。
  • 「いいとこ取り」規制拡大すべき 日バス協委が見解
  • タクシー向けソフトメーター 開発検討会スタート
  • 個人タクシー向け多言語コールセンター 都が試行

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186