本文へスキップ

主なニュース(2020年1月27日)


都区内タクシー輸送実績、12月の日車営収2・4%増 年末繁忙期伸び悩む(本紙1月27日付2面に掲載)
       

  • 経済同友会が「日本版ライドシェア」提言 通勤時間帯など限定で
     経済同友会の規制・制度改革委員会(委員長=間下直晃ブイキューブ社長)は22日、「日本版ライドシェア」の実現を求める提言を発表した。タクシー事業者が自家用車の一般のドライバーに安全措置を講じ、都心部でタクシーの需要が増大する朝晩の通勤時間帯や悪天候時に限って導入する仕組みを打ち出した。地方では需給バランスを崩さない範囲で認める姿が望ましいとした。会見で間下委員長は「タクシー会社による安全管理の下、副業やパートタイム的で担ってもらう。移動手段の確保という社会的課題を解決したい」と主張した。
  • 「五輪組織委と連携密に」 日本バス協会交歓会で三澤会長
  • 仙台市が乗合タクシー支援強化 運行経費補助率など引き上げ
  • 「決済端末補助締め切り、柔軟対応を」 都内個人タクシー2大団体が経産省に要望

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186