本文へスキップ

主なニュース(2020年2月3日)


電脳交通が「地域交通連合」発足 2・2億円追加調達(本紙2月3日付1面に掲載)
       

  • 地域公共交通会議への参画重視を 加藤名大教授がタクシー業界叱咤激励
     各地でバスなど地域公共交通の再生に取り組む名古屋大学大学院の加藤博和環境学研究科教授(交通政策審議会委員)は1月29日、東京・グランドヒル市ヶ谷で、若手・中堅有志のタクシー問題懇談会(高林良吉会長=宝自動車交通専務、東京)主催の新年会に講師として出席し、タクシー事業者が今後果たすべき役割や手法について説いた。地域公共交通会議に積極的に参画することの重要性を主張。MaaS(マース、移動サービスの連携・統合)の設計に向けても「プレーヤーは適材適所で役割を果たし、利用者本位で、一所懸命に」と訴えた。
  • SBドライブ、茨城県境町で自律走行バス本運行
  • 中部運輸局管内のタクシー運転者、65歳超が46%
  • 「米・ウーバー、行き詰まり確信」 神奈川個人タクシー協組の上村さんが体験記

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186