本文へスキップ

主なニュース(2020年3月9日)


新型肺炎問題で雇用調整助成金の特例緩和 厚労省、バス・タクシーなど幅広く(3月9日付2面に掲載)
       

  • 貸切バス、3月の運収半減も 日本バス協会が自民党に支援策要望
     日本バス協会(三澤憲一会長=神奈川中央交通会長)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大問題で、マスク、消毒液の優先供給や公的融資の拡大、助成金の支給などバス事業への支援措置を自民党に要望した。東京・永田町の党本部で経済成長戦略本部・新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の合同会議が同日開かれ、中村靖副会長(はとバス社長=東京)らが出席、貸切バス・旅行業の窮状を訴えた。貸切バスの運送収入が2月に前年比14%落ち込み、3月は51%、4月は53%ダウンするとの推計を示した。
  • バス・タクシー・トラックの「ホワイト経営」認証マークを公募
  • 北海道ハイヤー協会、新型肺炎対策で自民・道タクシー議連に要望書
  • 個人タクシー試験、北海道運輸局などで延期 新型肺炎感染防止で

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186