本文へスキップ

主なニュース(2020年4月13日)


都内タクシーのロイヤルリムジングループが事業停止 全従業員を解雇(4月13日付2面に掲載)
       

  • 東京タクシー大手、乗務員50%を休業に 新型コロナ問題、雇用・運行維持狙い
     新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、7日、政府から「緊急事態宣言」が発令された東京のタクシー業界で、大手・準大手のグループを中心に、乗務員を50%程度休ませる動きが始まった。勤務日数を減らして感染から守るとともに、雇用を維持し、公共交通機関としての運行を続けることが主眼。雇用調整助成金を使い、休業分を手当てする。外出の自粛が一段と強まり、移動需要が減少し続けそうな中、供給の総量が減って個々の営業収入が回復することに期待が出ている。休業と休車の組み合わせで難局を乗り切れるとの希望も見えてきそうだ。
  • はとバスとウィラー、高速・貸切バス全便運休
  • コロナ以後見据え準備を 田中・第一交通社長インタビュー
  • 個人タクシー、売り上げ半分以下の事業者が6割 東京と横浜で緊急アンケート

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186