本文へスキップ

主なニュース(2020年7月13日)


規制改革会議の新提言に反発 全国ハイヤー・タクシー連合会(7月13日付1面に掲載)
       

  • 梅雨前線豪雨、熊本・人吉でバス・タクシー水没 つばめタクシー、産交バスが被害
     九州地方を中心とする梅雨前線に伴う記録的な豪雨は、バス・タクシー業界にも車両の水没・浸水や運休など大きな被害をもたらした。国土交通省の10日午後2時時点の速報によると、高速バスを運休しているのは11社、一部運休は1社、地域の路線バスの運休は9社、一部運休14社に広がっている。バスの施設・車両の浸水被害は1社、26台、タクシーは16社、126台に上っている。甚大な被害を受けた熊本県人吉市では、バス・タクシー車両が水没する惨事に見舞われた。
  • 山梨県バス協会、県教委の要請受けスクールバス運行 電車通学する高校生のコロナ感染防止
  • 福岡県タクシー協会、九州乗用自動車協会を脱退
  • 日個連事業協組、理事長に田中氏(日個連千葉個人タクシー協会) 東京以外で初選出

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186