本文へスキップ

主なニュース(2020年9月28日)


全国のタクシー総営収、8月は前年比59・6% 7月より7・2ポイント悪化(9月28日付2面に掲載)
       

  • バス・タクシー行政手続き、デジタル化・リモート化で2億円 国交省概算要求
     国土交通省は25日、2021年度予算の概算要求を財務省に提出した。バス・タクシー関係の新規・拡充施策として、許認可・届け出の書類など「行政手続きのデジタル化・リモート(遠隔)化」(要求額2億700万円)を打ち出した。感染症や自然災害の発生時に、バス・タクシー事業者が運行を継続できる方策の構築などに1億500万円を組んだ。当面する新型コロナウイルス対策関係では、鉄道、バス、タクシー、フェリーなど地域公共交通への支援に関し、金額を明示しない「事項要求」を設定。年末までの予算編成過程で額を詰める。
  • リッツMCの就職氷河期世代就労支援プロジェクト、165人が応募
  • 「Go To地域クーポンで営収増を」 大阪タクシー協会理事会で坂本会長
  • 運送約款に乗客のマスク着用義務 都内個人タクシー事業者が変更申請

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186