本文へスキップ

主なニュース(2020年10月19日)


       
  • 菅政権の評価分かれる 全国ハイヤー・タクシー連合会、理事会に国交省の秡川自動車局長出席
     全国ハイヤー・タクシー連合会(川鍋一朗会長=日本交通会長、東京)は15日、東京・市ヶ谷の自動車会館で理事会を開催、菅義偉政権への評価について、出席した国土交通省の秡川直也自動車局長との間で考え方が分かれた。秡川局長は「総理はびっくりするくらい現場を大事にする。タクシーにとって、デジタル化にしても皆さんの要望を実現しやすい環境にある。良い政権だと思う」と述べた。一方、川鍋会長は、政権の規制改革方針に米Uber(ウーバー)も絡めて、あらためて警戒感を示した。
  • コロナ禍、地域交通の意義再確認 くらしの足全国フォーラム、初のオンライン開催
  • 路線バスの交通系ICカード導入支援 山形県が予算化
  • 宿泊者に2000円分のバス・タクシークーポン配布 水戸市が「Go To」取り組み
  • 賦課金3000円値上げ案、臨時総代会で否決 日個連東京都営業協組
  • ◎本紙創刊60周年記念特集掲載

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186