本文へスキップ

主なニュース(2020年11月9日)


       
  • デマンドコミバス12台で市全域カバー 沖縄県浦添市が大規模実験
     沖縄県浦添市は1日、市全域をカバーする大規模なデマンド型コミュニティバス(乗合タクシー)の実証実験をスタートさせた。地元のタクシー同業8社が「てだこモビリティサービス有限責任事業組合」(浦添市、平良誠宏代表組合員=グランド交通社長)を立ち上げ、市から一元的に運行の委託を受けた。AI(人工知能)技術を活用し、効率的な運行経路を構築していく。実験期間は1年。高齢者や学生らの移動の足の確保に行政・業界一体で乗り出した。
  • 「乗客のマスク義務」約款、都内タクシー10事業者に認可 非着用は正当な理由を
  • 「東京観光をリード」 塩見・はとバス新社長が抱負
  • 鯱第一交通、「在籍型出向」で2人受け入れ 産業雇用安定センターの支援プログラム活用
  • 個人タクシー、譲渡譲受制度緩和で事業者の減少率やや低下
  • ◎本紙創刊60周年記念特集掲載(10月19日付)

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186