本文へスキップ

主なニュース(2021年2月15日)


       
  • 国交省・第3次補正予算、バス・タクシーのコロナ対策 幅広く支援
     国土交通省は新型コロナウイルス対策・2020年度第3次補正予算が成立したのを受け、「ニューノーマル(新常態)バス・タクシー」車両装備費補助金を柱とする「ポストコロナを見据えた地域公共交通の活性化・継続」予算補助(総計304億9700万円)の交付手続きに着手した。バス・タクシー事業者などに対し、事前の申し込みとなる「要望調査」を1日に開始。地方運輸支局を窓口に、26日まで調査票の提出を受け付ける。4月中旬に審査結果を各社に通知(内示)し、正式な交付申請を受理して6月末に決定する。高性能フィルター付き空気清浄機や車内飛沫感染防止仕切り板の導入、抗菌加工など幅広く支援する。
  • 昼日勤に歓迎の声 稼働5割削減、大和自動車交通乗務員に聞く
  • 「危険なバス停」、都内224カ所 東京運輸支局が調査、改善には10年以上も
  • 神奈川県タクシー協会横浜支部、積立金を災害対策に活用
  • 国交省のコロナ対策補助金、個人タクシーも対象










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186