本文へスキップ

主なニュース(2021年3月1日)


       
  • 国交省、タクシーに「変動運賃」導入 天気や時間帯で額上下
     国土交通省は2月22日、タクシーの運賃制度に、輸送需要に応じた「ダイナミック・プライシング(変動価格制)」と、現行の車載運賃メーターに代わり、GPS(全地球測位システム)を通じて走行距離・額を算出する「ソフトメーター」を導入する方針を決めた。変動価格制は天気や時間帯、曜日によって運賃が高くなったり、安くなったりする仕組みで、先行して昨年、迎車料金で取り入れられている。この日、オンラインで開かれた政府の規制改革推進会議・投資等ワーキンググループ(WG、座長=高橋進日本総合研究所チェアマン・エメリタス)の会合で示した。
  • コロナ交付金のバス・タクシー活用、運輸局長が知事に直接要請
  • 蒲生観光庁長官、バスツアー復活に意欲 「Go To」再開めぐり
  • 全国初、茨城の法人タクシー5社が一括定額運賃申請
  • 東京都個人タクシー協組、3月30日に臨時総代会 組合員除名事案を審議










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186