本文へスキップ

主なニュース(2021年3月8日)


       
  • コロナワクチン接種会場への足、各地の自治体がタクシー活用
     新型コロナウイルスの高齢者へのワクチン接種が4月に始まるのを控え、各地の自治体で、接種会場への足としてタクシーを活用する動きが広がりつつある。静岡市と水戸市は運賃の一部を負担する方針を固めた。宮城県塩釜市は3日、県タクシー協会塩釜支部(支部長=郷右近義光・利府交通社長)と連携協定を結び、具体策の検討に着手した。コロナワクチン接種会場への輸送で、自治体とタクシー業界が提携するのは初と見られる。業界から自治体側への働きかけは目下、全国的に展開されている。
  • 両備Gが東京のタクシーから撤退 イースタンエアポートとハロー・トーキョーを日本交通に譲渡
  • バス路線図は指差し説明 国交省、認知症者接遇指針を作成
  • 滋賀・守山タクシー、新事業に活路 キャンピングカーレンタルやドローン教室
  • コロナ一時支援金、申請作業簡素化を 全国個人タクシー協会が中企庁に要望










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186