本文へスキップ

主なニュース(2021年6月14日)


       
  • コロナワクチン「職域接種」、日交・km・東急・名鉄が準備
     新型コロナウイルスのワクチンを企業や大学の職場で接種する「職域接種」の21日のスタートに向け、バス・タクシー業界でも大手を中心に準備が着々と進んでいる。タクシーでは、日本交通(東京・千代田区、若林泰治社長)や国際自動車(km、港区、西川洋志社長)が接種体制を決め、政府に申請した。東急(渋谷区、高橋和夫社長)と名古屋鉄道(名古屋市、安藤隆司社長)は、バスの運転者を含め、グループ全体のエッセンシャルワーカー(社会に必要不可欠な労働者)に優先して接種する計画を立てている。
  • みちのりHD、米Viaと連携強化 茨城・日立で相乗りデマンドタクシー発車
  • 自宅から2キロ圏乗り放題 ウィラー、渋谷と京丹後で定額制オンデマンド交通
  • 鳥取県ハイヤータクシー協会、新会長に日本交通の澤常務
  • 都内個人タクシー2大団体、創意工夫で新需要開拓 「撮影用タクシー」やオリジナルキャラ活用










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186