本文へスキップ

主なニュース(2021年6月21日)


       
  • 「未来ある先端産業に」 日本バス協会総会、清水会長就任
     日本バス協会の新しい会長に、伊予鉄グループ(松山市)の清水一郎社長が正式に就任した。16日、東京・大手町の経団連会館で開かれた定時総会で選出された。国土交通省出身、53歳。直後の就任会見で「バス業界がデジタル化で『未来ある先端産業』になれるよう取り組む。利用者ニーズに合うサービスを提供し、期待に応えたい」と決意表明した。当面の課題は新型コロナウイルス対策。「業界は戦後最大の未曾有の危機にある。コロナをどう乗り切るかが最大の責務。利用者に安心感を与えたい」と述べた。
  • 東京ハイヤー・タクシー協会の川鍋会長5選 「最大の運賃改定幅勝ち取る」
  • 「大型イベント、役割果たす」 大阪府バス協会総会で塩川会長
  • 埼玉県乗用自動車協会の小谷会長続投
  • 日個連事業協同組合の田中理事長辞任 後任に城副理事長










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186