本文へスキップ

主なニュース(2021年7月5日)


       
  • バス・タクシー・トラック、「自動点呼」実験9月開始 国交省
     国土交通省は6月28日、バス・タクシー・トラック事業の運行管理高度化検討会(座長=寺田一薫・東京海洋大学大学院流通情報工学部門教授)の2021年度初会合(通算2回目)を開催、運行管理業務の一部をAI(人工知能)やロボットに任せる「自動点呼」の実証実験の概要を提示した。事業者19社が協力し、9〜11月の3カ月間、乗務終了後の点呼で試す。今年度中に検討会を4回開き、AI、ロボットの認定制度案を取りまとめる。
  • 「事前確定運賃」金額、電話口で提示 電脳交通がシステム開発
  • 立憲民主党がバス議員連盟設立 77人結集、会長に泉氏
  • 名古屋タクシー協会、医療法人のワクチン職域接種活用
  • 全国個人タクシー協会、新規許可枠求め国交省に要望










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186