本文へスキップ

主なニュース(2021年7月12日)


       
  • MaaS構築は「三方良し」で 寺田国交省公共交通・物流審インタビュー
     国土交通省の寺田吉道公共交通・物流政策審議官は8日、就任に当たり、本紙のインタビューに応じ、MaaS(マース=モビリティ・アズ・ア・サービス、移動サービスの連携・統合)の構築・普及に、「利用者の満足」「事業経営の安定」「従事者の生活」の「三方良し」を重視する姿勢を強調した。全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長(日本交通会長=東京)と同省OBの日本バス協会の清水一郎会長(伊予鉄グループ社長=愛媛)のアイデアや発信力を称賛し、「力を借りたい」と協働を呼びかけた。
  • 都区内タクシー無線配車回数、6月は19年比5・7%減
  • 乗合バスの窮状と支援訴え 東京バス協会、南会長が就任会見
  • フジタクシーG、電話配車を外部委託 アプリ進展で業務見直し
  • 日個連東京都営業協同組合、東京五輪・パラ関係者輸送に協力










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186