本文へスキップ

主なニュース(2021年7月19日)


       
  • 東京五輪専用車2700台出動 組織委が最終準備
     東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(橋本聖子会長)は15日、本紙の取材に応じ、23日に開幕する2020年東京五輪で、タクシー乗務員やボランティアが運転する大会専用車両を約2700台用意するなど、輸送体制の最終準備の状況を明らかにした。バスは全国約600社から調達し、ピーク時は1日約2000台を稼働させる方針。「多くのドライバーを提供するバス・タクシー業界の理解と協力なくしては成り立たない。大会の成功に向け、力を貸してほしい」と期待を寄せた。
  • 全国ハイヤー・タクシー連合会、9委員長全員留任
  • 手すりの抗ウイルス加工、バス車内でアナウンスを 国交省、コロナ禍の接遇指針作成
  • 静岡・沼津市、「公共交通利便増進計画」策定へ
  • 全国個人タクシー協会、自民・個人タクシー議連に事業者数激減解決訴え










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186