本文へスキップ

主なニュース(2021年8月23日)


       
  • パラ輸送、主力はリフト付き車 バス業界、200社260台出動
     東京2020パラリンピックが24日から9月5日までの13日間開催され、バス・タクシー業界は先の五輪に続き、選手・大会関係者の競技会場などへの輸送を専属的に担う。バス業界は約200社が協力し、1日最大1000台を運行する計画。車いす利用者用リフト付き車両を260台出動させる。タクシー事業者は五輪時と同様、大会専用車の運転業務にドライバーを派遣し、「ハイヤー臨時流用特例制度」のタクシー車両を走らせる。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(橋本聖子会長)は19日、本紙を通じ、両業界に「安全・円滑、効率的で、信頼性の高い輸送サービスをお願いしたい」と求めた。
  • 乗務員離職、全国で相次ぐ 川鍋全国ハイヤー・タクシー連合会会長が懸念
  • バス業界への健診支援注力 脳MRI機構、西肥自動車で成果
  • 岐阜・日本タクシー、女性乗務員が添乗員資格
  • 個人タクシー、コロナ緊急事態宣言拡大に危機感










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186