本文へスキップ

主なニュース(2021年11月8日)


       
  • コロナ後の地域交通探る 国交省が新研究会発足
     国土交通省は2日、新型コロナウイルス終息後の地域交通の方向性を探り、政策の見直しのほか、現場での実践にも踏み出す新しい研究会を発足させた。テーマは「多様な関係者の『共創』の実践」。総合政策局地域交通課が主導し、メンバーに、東急(東京・渋谷区)の森田創・交通インフラ事業部課長(うさぎ企画代表社員、作家)、みちのりホールディングス(千代田区)の大下篤志ディレクター、福島大学の吉田樹・経済経営学類准教授らが参画する。発足時点で会の名称を定めず、座長などを設けない。非公開で開催され、来年3月に中間整理を取りまとめる予定。
  • 呼吸データで事故防げ 日の丸交通、医療系と共同実証実験
  • 「100年に一度の危機」 日本バス協会臨時総会で清水会長
  • 福島県のタクシー新運賃スタート
  • ガソリン価格高騰、都内個人タクシーに痛手










バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186