本文へスキップ

東京交通新聞は、タクシー・バスなど地域旅客交通の専門紙です

東京・江東区に「閉まらずの踏切」(本紙4月23日号7面に掲載)

メールマガジンのご案内はこちら

主なニュース(2018年4月23日)

  • 神奈川でタクシー配車アプリ「タクベル」始動
     神奈川県タクシー協会とIT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は19日、次世代タクシー配車アプリ「タクベル」のサービスを横浜、川崎エリアでスタートした。今夏には全県に拡大する。神タ協会員182社のうち82社が導入を決定。横浜、川崎では6277台のうち2800台、おおむね2台に1台が配車可能な「統一アプリ」を構築した。全車両ネット決済対応、既存アプリを超える利便性などの特徴に加え、AI(人工知能)を活用した需要予測システムの機能も年内に追加。乗務員の営業支援で生産性の向上を図る。
  • 両備が国を提訴 競合路線認可取り消し求め
  • MaaSレベルに5段階 未来投資会議で提示
  • 個人タクシー日車営収 リーマンショック前の水準に
  • ※詳細は、本紙および電子新聞(新聞オンラインe-SHINBUN日経テレコン から購入できます)をご覧ください。

  • 「地域公共交通サミットin北九州2018」閉会に際しての御礼
    拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  •   さて、今般、北九州市の九州国際大学に於いて、北九州市との共催により「地域公共交通サミットin北九州2018」を無事、開催することができました。 皆様方には、全国各地、地元・九州より数多くのご参加を賜り、誠にありがとうございました。 主催の任を果たせましたのも、地元の皆様の温かいご支援、ご協力、ご登壇いただいた方々の多岐にわたる充実したご講演とご発言、ご参加の皆様の熱気の賜物と存じ謹んで深謝申し上げます。 専門新聞として、地域公共交通をテーマに地域の方々とともに全国にメッセージを発信するという初の挑戦。私どもの至らない点も多々、ございました。今回の経験を糧に、今後さらに地域の皆様の取り組みを応援し、地域公共交通の発展に役に立つよう努力する所存でございます。 何卒、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願いを申し上げます。                       
  •                                        敬具
  • 平成30年4月
  •                             株式会社 東京交通新聞社                                  
  •                                社長・編集主幹 武本英之

『 加藤教授の基調講演資料 』

 加藤教授の資料はこちらからダウンロード頂けます

 非常に参考になった、と大好評を頂いた、加藤博和名古屋大学環境学研究科教授の基調講演内容の資料が上記リンク先にアップロードされております。是非ご覧下さい。


お知らせ

2018年4月18日
ハイヤー・タクシー年鑑(2018年版)発売中。
2018年4月2日
4月から紙面を刷新し、先進技術や人材育成、くらしの足、個人タクシー報道などをさらに充実させます。
2018年2月26日
電子版価格を3月30日から改定させていただきます。
2018年2月12日
東京交通新聞縮刷版(平成29年下期)、書籍・DVD発売中。
2017年12月11日
「全国ハイヤータクシー名鑑」(平成30年版)発売中。
2017年12月4日
乗務員手帳・個人タクシー事業者手帳(2018年版)発売中。
2017年8月30日
最新の個人タクシー法令試験問題集(2017〜18年版)発売中。
2017年6月28日
弊社社長に武本英之取締役編集主幹兼編集局長が就任しました。
2016年7月11日
弊社の二村博三会長・主筆が退任し、名誉会長に就任しました。

バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186