本文へスキップ

こちら交通政策担当

第2回:福岡・直方市 産業建設部商工観光課公共交通係

鉄道・バス・タクと連携  ---地域と協働


 福岡県直方市は、東部に福智山が鎮座し、中央部には遠賀川が南北に流れている自然豊かな田園都市です。公共交通としては、JR九州・筑豊電気鉄道・平成筑豊鉄道の3つの鉄軌道事業者が路線を有し、鉄道駅は合計10駅あります。
 路線バスは西鉄バス、JR九州バスの2社が合計17系統あり、それに加えてコミュニティバスが5路線あります。これは、直方市がかつて筑豊炭田の物流拠点として栄えてきたことに起因しており、現在でも近隣自治体と比較しても便利な交通環境を有しています。
 公共交通係は、平成30(2018)年4月に産業建設部商工観光課内に設置された部署で、現在2人で日々の業務に取り組んでいます。
 今年度は、直方市地域公共交通網形成計画を策定し、その計画に基づき地域の方々の買い物や通院の日常の足であるコミュニティバスの充実を図るだけでなく、既存の鉄軌道事業者や民間バス事業者、タクシー事業者とも有機的に連携することで、安心して暮らせる持続可能な交通体系を地域の方々と協働して構築していきます。
 春には水戸岡鋭治デザインの観光列車が平成筑豊鉄道により運行開始となります。
 地域で一体となって筑豊地域の魅力発信に努めていきます。



写真説明
JR九州・平成築豊鉄道直方駅にある元大関魁皇の銅像前で。
左から商工観光課公共交通係の角田元さん、長田正志商工観光課長、
水田陽公共交通係長


■プロフィル■
担当セクション名:産業建設部商工観光課公共交通係
人数:2人(係長1人担当1人)
責任者の名前:商工観光課長:長田正志(所属長)
       公共交通係長:水田陽
市政:直方市は福岡県北部に位置し、北東部は北九州市と隣接している。北九州市中心部から
南西約30q、福岡市から北東約50q。人口は約5万6千人、面積は61.76平方Km。
名物は成金饅頭。



【2018年5月28日付 掲載】


福岡・直方市 産業建設部商工観光課公共交通係
http://www.city.nogata.fukuoka.jp/shisei/_1235/_2853/_2308/_2318.html


こちら交通政策担当:バックナンバー

本紙に毎月連載中。
地域公共交通分野で交通事業者、市民らと一緒に取り組む地方自治体の交通政策担当。
市民の足を影で支える存在である担当者の皆さんに、活動を紹介していただくコーナー。


 第4回:東京・葛飾区 都市整備部調整課交通計画担当係
 第3回:栃木・鹿沼市 市民部生活課交通対策係
 第2回:福岡・直方市 産業建設部商工観光課公共交通係
 第1回:埼玉・所沢市 経営企画部企画総務課交通政策室


バナースペース

株式会社東京交通新聞社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2‐13‐10

TEL 03-3352-2181(代)
FAX 03-3352-2186